えええっせい

えっせいです

東大生:城南大生は全てライダー関係者か

言っちゃあなんだがエリートである。私がではない。他の経歴はともかくとして、私は浪人経験者だ。真のエリートは浪人なんぞしない。じゃあ誰がって、会社の他の方々多数である。 そして日本でエリートと言えば、東大生。会社の新卒、少なく見積もって5割は…

忘年会幹事団:マジックタイム発動

外資系企業の務め人ともあろうものが、忘年会の幹事をやらされている。あるんですよ、忘年会が。忘年会があるってことは、幹事が発生するということ。偉い人にはそれが分からんようですな。 外資系らしく「Year End Party」なるものは全社的にあるが、これと…

電話:どうも、時報ヘビーユーザーのわたしです

世は大スマホ時代。一人一台は最低限。なんなら仕事用・プライベート用・ちょっとムフフなイベント用と、一人三台も辞さない構えな今日この頃。ちなみに私は一台です。もちろんちょっとムフフな使い方しかしないので…… ところがそんなスマホでも黒電話、携帯…

はがき:林原めぐみの緊張と緩和

よく行くバーのマスターが、「やっぱりラジオは面白い」ということを言っていた。芸人は儲けが出なくても、自由度が高いからラジオに出るらしい。宣伝、という意味もあるかもしれないけれど、やっぱり自由な笑いが出来るから、というのが大きいんだと。だか…

プロテイン:木野まこともプロテインに圧迫されていて欲しい

貯まるんですよ、プロテインが。貯めたくはないですよ、プロテインを。なぜって、めちゃめちゃ圧迫してくるじゃん、あいつ。毎日が圧迫面接。 まず物理的に圧迫してくる。今買っているのはザバスのプロテイン。缶々じゃなくて、ビニルのパッケージのやつ。缶…

カフェの付属品:人にやさしく

カフェによく行く。家ではスマホでネットサーフィンをして、漫画を読んで休日がおしまい、となるからだ。カフェに行くと、PCで気合をいれてネットサーフィンができる。なんなら仕事もできる。充実した休日ライフが送れるわよ。 ところで私は、カフェでもコー…

筋トレ:エスタロンモカのこうかはぐんばつだ

会社が入っている建物に筋トレジムが入居してきた。通いたいわけではないけれど、ちょっと行ってみたい。あると思います。臭い物見たさですね。機関車のごとく汗を噴き出すスーツ姿の男たち。いや、女性でもいいんですけど。オフィス街のジムって、サラリー…

歯医者:倦怠期の夫婦は屁をこいたことを指摘すらしない

行きつけの店と言われてまず真っ先に思いつくのが歯医者だ。社会人になり東京に越して早や数年。一月とおかず通っている。おそらくアベレージで月に2回。通い過ぎではなかろうか。 そうすると歯医者さんサイドもやはり油断が生じるようで、どうにも初対面の…

バー:上手くなったら練習するよ

家の近所にバーがある。人の良さそうなマスターと、Very Very良心的な価格とは言わないまでも、おそらく都内のバーならこんなもんかな、という価格帯である。3~4杯良さそうな酒を飲んで、それで6,000円くらい。 まさか一人でバーに行くなんて人生で思っても…

パワーワード:ハレ晴レユカイが流れる車窓から

パワーワード、という言葉はもう市民権を得ている気がする。意味は、文字通り「力のある言葉」。「清純派女優ボディビルダー転身」とか「永久不滅ポイント」、「力こそパワー」とかがそれに相当するのかもしれない。いや、違うかも。 とにもかくにも、パワー…

外資系企業の英語:I am sorry, hige sori

良くも悪くも外資系企業に勤めている。外資系企業の定義は知らないが、多分自分たちで外資系って言っているのは、外資系なんだろう。グローバル本社はアメリカにあるので、外資系で間違いないはずだ。 世間的なイメージの外資系企業にほど近いと思うので、こ…

AIコールセンター:私はイ・セドルと同じ世界を見ている

世の中にある無慈悲な物。就活のお祈りメールなんかは無慈悲の最右翼で、エントリーシートとかをばっちり書き込んでも、サクラチルツギニキタイ(意訳)の一本で済まされてしまう。あれは無慈悲ですわ。 そんな中で、世の中に突如最先端の無慈悲モンスターと…

セクハラ:セクハラ・ストロング・スタイル

幸か不幸か、セクハラが頻発する環境にいたことはない。痴漢は受けたことはあるものの、「マキちゃん、ちょっと胸揉ませてよ」みたいな課長に遭遇したことはない。痴漢っていうのは、匿名性が高いから。そういうのって、心の奥底で誰もが多かれ少なかれもっ…

新幹線:うわさ612号の4号車の8-Bのチケットください

うまいもんだな、と気付いたのは多分大学生のころ。各停・急行・特急というくくりではなく、こだま・のぞみ・ひかり。私は大変に育ちが良いので子供の時分から新幹線に乗ることがあった。ちなみに、飛行機には未だに数えるくらいしか乗ったことがない。その…

タバコ:宇多田バイパスは多分静岡にある

最後のkissはタバコのflavorと書いたのは宇多田ヒカルだったか。浜崎あゆみと宇多田ヒカルの区別が付いていないが、多分宇多田ヒカルだったと思う。ティーンエイジャーで凄いリリックをしたためるな、と大多数の皆様が思うと同時に、女もタバコ吸っていいん…

痴漢:もみもみもみ太郎。もみから生まれたもみ太郎。

セクハラとは縁遠い人生を歩んできた。そりゃあ私も痴漢くらい受けたことはある。あれはびっくりするほど気持ちが悪い……かと思いきや、先ず「ホントに私!?」と見渡すことからスタートだ。まだその時分はうら若き中学生。まさか私がという思いが先行した。…

角栓・宿便:石油王になったなら

誰しも人生で一度はやってみたいことがあるはずだ。例えば、飛行機のビジネスクラスに乗ってみたいとか、大麻を吸ってみたいとか、異性装をしてみたいとか、ホストクラブやキャバクラに行ってみたいとか。 要すれば、「金と時間を若干」出してみればあら不思…

ニュー即VIP:ぬるま湯から出ると寒風が身に染みる

青春の大半を費やしたというと完全にウソにはなるけれど、おそらく20%くらいは消費していたのではないかと思うのがニュー速VIP。Wikiにはいろいろ書いてはあるとは思うけれど、当事者っていうのはそういうのを見なくとも「ああ、あれもあった、これもあった…

スマホ中毒:困った困ったと言いつつスマホを開く本当に困った人

最近、つまりは2019年の暮れ、世の中的にアツイ話題は「中毒」だ。話題の流行り廃りが激しい大・ネット時代。所謂「企業のネットが星を被い 電子や光が駆け巡っても 国家や民族が消えてなくなるほど 情報化されていない近未来」に片足突っ込んでる我々。そん…

キーボード:名前も知らない例のあの人はタキシード仮面様

ホワイトワーカーは冬の訪れをキーボードで知る。端的に冷たいのだ。 朝起きて、メールをスマホで確認する。返信をしなければいけないメールがあることを知る。スマートフォンで打つのは面倒かつ、また「Send from my iphone」と表示されたくない。何故って…

コンビニ:コンビニで買えるものが残像に口紅だ

昼食はコンビニで食べる。正確に言えばコンビニで買って、オフィスの自席で食べる。このコンビニ、全くもって買うものが無くて困っているのは万人に共通する悩みだとは思うが、こと私もご多分に漏れずそのうちの一人である。が、これは私の方針が災いしてい…