えええっせい

えっせいです

コンビニ:コンビニで買えるものが残像に口紅だ

 昼食はコンビニで食べる。正確に言えばコンビニで買って、オフィスの自席で食べる。このコンビニ、全くもって買うものが無くて困っているのは万人に共通する悩みだとは思うが、こと私もご多分に漏れずそのうちの一人である。が、これは私の方針が災いしているのかもしれない……というより災いマシマシしている。

 「一度買ったものは(なるべく)買わない」という方針。そうするとどうなるか。とたんにコンビニの商品、手に取りたいもの全てがグレーアウトするという仕立てである。これは困る。自分が手を伸ばそうとしたものは大抵グレーアウト、ソールドアウト。特におにぎりの棚なんぞ壊滅的で、定番商品は軒並みグレー。飛び道具的な高級おにぎりだけが以前は残っていたが、最近(泣く泣く)買ってしまったのでそれもグレー。仕方がないので新商品を買うのだが、これがまーあ、不味い。

 各企業が努力の末に「出来れば定番商品になってくれれば……」と思っているというのを信じて買ってはいる。いるのだが、最近は「オフザケなさっているのでは?」という季節限定一発屋的スタイルな商品が多いような気がする。「一発当てれば勝ちなのヨ」というスタイルでとんでもない商品を送り込んで来ている気がする。多分そうだ。

 商品開発の意思決定担当者が「うーん、絶対定番にならないしクソ不味いけど、興味本位でみんな一回買うだろうから、採用!」としている商品が多すぎる。そういうのが売れるから仕方がないとは言え、ガリガリ君と同じノリでおにぎりの具を決めないで欲しい。ガリガリ君は嗜好品だから、マズさもネタになろうというもの。こちとら昼食ですぜ。残る半日の活力源ですぜ。そんなところで冒険でしょでしょとはいかんのですよ。

 以前食べたおきなわ風おにぎりは酷かった。150円程度と価格はそれなりに張ってくるクセに、卵焼きとハムを付けるもんだから、その価格でこのクオリティのハムと卵ですか!? という味に仕上がっていた。沖縄だと美味しく食べられるのだろうか。少なくとも本土ではお察し。マジでちゅらさんって感じ。ちゅらさんの意味は分からんけど。そもそも米と卵とハムなら、おにぎりにしなくていいのではないかと思う。それはお弁当だよ。弁当食うよ。コンセプトが気まぐれ過ぎる。

 そういうワケで本日購入したのが、ほし梅とガトーショコラ。昼飯かよ、と思うかもしれないがもう仕方が無い。食べるものがないのだ。切実に沖縄以外のおにぎりの新商品を望んでいる。

 なお、ほし梅も定番のメーカーではなく、聞いたことのないメーカーを買わざるを得なかった。なぜって、他のは食べたことがあるから。スッパイマンはもう私は自分で購入することは出来ないのだ。悲しい……。その甲斐あって、ほし梅には種が付いていた。ふざけんなよ、と叫びたくなる気持ちもあるが敗因はこの私。確認しないのが悪いのと、そもそも方針がカス。

 ガムみたいにあクズ用の紙がついているわけでもなく、仕方が無いのでポケットティッシュにペッする。この貸しは高くついたぜ。なぜって、ポケットティッシュもお金がかかっておりますので。いや、コンビニで買うという愚の骨頂は犯しはしないけれど、それでもタダというワケではない。タダのポケットティッシュは鼻の下が真っ赤になるので、銀行で貰うボックスティッシュの次に憎んでおります。あれはティッシュの皮をかぶった紙やすりです。多分1000番とかよりは削れる

 あとは、ガトーショコラ。今から食べる。多分、不味いんだろうな……。

 

(追記:上手い不味い以前に手が汚れるので大減点)