えええっせい

えっせいです

筋トレ:エスタロンモカのこうかはぐんばつだ

 会社が入っている建物に筋トレジムが入居してきた。通いたいわけではないけれど、ちょっと行ってみたい。あると思います。臭い物見たさですね。機関車のごとく汗を噴き出すスーツ姿の男たち。いや、女性でもいいんですけど。オフィス街のジムって、サラリーマンがネクタイをハチマキにして、ワイシャツ姿でベンチプレスやってそうじゃない? あくまでイメージですけど。

 でも、筋トレガチ勢ではない私としては、そんなジムとかは要らなくて。何が欲しいかって言うと、会社のオフィスのフロア内に筋トレスペースが欲しい。そんな凝ったものじゃなくていい。ただ、腕立て伏せとか、腹筋とか、ダンベルの安い奴があればそれでいい。ストレッチポールとかあれば最高、言う事無し。絶対に行きもしない保養所とかは取り潰して、そういう筋トレ区画を作ってくれるだけでいいのに、なぜ出来ない!

 私は割合にインドア派な人間だとは思うのだけれど、それでも椅子に座ってばかりでは集中力が切れてしまう。背中を伸ばすだけではくっガッツが足りないなので必殺技が打てない。ちなみに必殺技は「すごい背筋をピンと伸ばして寝る」だ。昼食後に主に炸裂する。カフェインをとれば必殺技を放たずに済むのかもしれないとは思っているが、如何せん胃が弱いので。睡眠時間3時間で客先へGO、などのマジピンチのときはエスタロンモカという必殺、マジで必殺のカフェインの錠剤を摂る。

 これが効く効く。普段カフェイン全く取らない人間が飲むと、それこそ効果抜群の4倍ダメージ。長期的には間違いなくダメージ。カフェインなんて摂っても一つもいい事ないですよ、ホント。

 閑話休題。そういう必殺技を放たずに済む手段が筋トレだと思うんですね。だって腕立て伏せしてたら寝ないでしょ……と思ったけれど、よく考えたら運動したあと寝ますわ。めっちゃ寝ますね。そうすると私はアレか。よく食べてよく運動して午後は寝たいと、そういう思いがあったわけだ。欲望に忠実だな。

 一応筋トレの話をしておくと、ゴリマッチョを目指さない限りはジムに通うより、シコシコ自重トレーニングでいいと思うのは私だけだろうか。ジムとか行かないでしょ、フツー。高いし、遠いし、男臭いし。野獣みたいなのが行くイメージ、というのを変えるためにみんな「ダンベル何キロ持てる?」は見た方がいいです。Village Peopleのパロエンディングが、いいんですよ。